ウォールオブデス(WOD)とは?ウォールオブデスが始まる曲5選

皆さんは、ウォールオブデスという言葉を聞いたことありますか?

聞いたことがある人は、おそらくロック好きの人でしょう。

なぜなら、ロックフェスやロックバンドのライブでしか、ウォールオブデスを見ることはできないからです。

ウォールオブデスとは

ウォールオブデスは英語でWall Of Death(WOD)、直訳すると”死の壁”になります。

中二病のような名前ですね。

Wikipediaにはこう書かれていました。

“ウォール・オブ・デスは、ライヴコンサートの観客が、大昔の合戦の如く左右に分かれ、曲が始まった瞬間に全員が体ごと突撃する最も危険なモッシュ[1]。映画『ブレイブハート』に影響を受けたとされるこのモッシュは最も危険なものとされており、過去に死者が出たこともある。”

出典:Wikipedia

 “過去に死者が出たこともある。”  ?

なにそれ、本間に怖いやん。

そんなかなり怖いウォールオブデスが、どんなものか見てみましょう。

海外のロックフェスでのウォールオブデス↓

ライブ会場にいる人々が二手に分かれて向かい合い、ヴォーカルのコールのタイミングで両者がぶつかり合っていますね。

海外の動画を見せましたが、日本国内でもウォールオブデスをするバンドはたくさんいます。

そこで今回は、ウォールオブデスが巻き起こる曲をご紹介します。

ウォールオブデスが起こる曲

Crossfaith – Countdown To Hell

大阪発のメタルコアバンドCrossfaithです。

この曲は、前奏が流れた瞬間、観客は二手に分かれ、ウォールオブデスの準備をし始めます。

そして曲名が “地獄へのカウントダウン”。。

f.a.i.t.h SiM feat.KOIE (from CROSSFAITH)

SiMの曲の中でも初期のほうの曲ですね。

先ほどのCrossfaithのヴォーカル”コイちゃん”ともフィーチャリングしている曲です。

BABYMETAL – Road of Resistance

babymetalは日本国内でのファンのみではなく、世界中にもファンが大量についています。

こんな若くて可愛い女の子たちが歌う曲で、ウォールオブデスが繰り広げられてることに驚きが隠せません。

そして、楽器隊のセンスが良すぎる。 

Her Name In Blood – Poker Face (Lady Gaga cover)

レディー・ガガの曲のカバーを激しくアレンジしてるのは、Her name in blood。

名古屋で開催された入場無料のロックフェスFREEDOM名古屋でのライブ時の動画です。

砂埃が巻き起こっています。。

ARTEMA – LITE SABER

こちらは、日本のピコリーモバンドARTEMAが、

ドイツのピコリーモバンドEskimo Callboyとコラボした曲です。

*ピコピコした音と、激しい音を織り交ぜた曲を生み出すバンドがピコリーモバンドです。

最後に

動画を見てもらえば分かるように、ウォールオブデスは基本的に激しい曲の中で巻き起こるのがほとんどです。

なので、ウォールオブデスを見たければ、激しいバンドのライブに行く必要があります。

何でこんな痛そうなことしてんの?アホなん?って、思った人も多いでしょう。

しかし、このウォールオブデスは、ライブで実際に参加してみるととても楽しいんです!

おそらく、ライブ中はアドレナリンが上がって何でも楽しくなるんでしょうね。