ショウタという名前の人は今すぐ留学に行くべき!

僕はアメリカに1年留学に行って、英語ができないにも関わらず、初日からたくさんの外国人の友達ができました。

1年間で約30カ国以上の人々と友達になり、英語はまだまだですがネイティブの人と自分の意見を言い合えたり喧嘩できるぐらいには成長しました。

宗教、カラー、人種、文化、本当に色んな種類の人と出会い刺激を受けました。

では、どうやって僕が友達を作ったのか。

それについて今回はお話します。

 

まず、友達ができやすい人とできにくい人にはそれぞれ特徴があります。

 

できやすい人

・コミュ力あり

・頭おかしい

・ダンスできる

 

できにくい人

・ミスや失敗を恐れる

・シャイ

 

できない人の特徴が自分に当てはまっている人もご安心ください。

留学中にこれも克服できます。

シャイやった人が留学から帰ってくると、シャイじゃなくなってることがよくあるんです。

英語だけでなく人間性も変えられる留学、素晴らしいですね〜。

僕は名前がSHOTAやったから友達ができた

それではまず、なぜ僕に外国人の友達がたくさんできたか、理由としては2つあります。

 

1、僕の名前がSHOTAやったこと

2、人見知りせーへん性格やったから

 

僕の行ってた語学学校では、ブラジル人の割合がかなり多かったです。

僕が学校に入った初日、教室での点呼でSHOTAと呼ばれYes!と答えました。

すると、周りにいたブラジル人がざわつきました。

最初僕は、「やばいやん、名前呼ばれるだけでおもろいん、、これはアメリカで芸人デビューあるなぁ。」と思いました。

けど、そういうわけでもなく、これには衝撃的な理由がありました。

なぜブラジル人が僕の名前を聞いて笑ったかというと、僕の名前がSHOTAだったからです。

SHOTAはブラジル人の使うポルトガル語で“女性器”なのです。

僕は初日にそれを知り、笑いの神が舞い降りたと思いました。

しかもブラジル人はとてもオープンな人種で、男女関係なく、教室、廊下、どこで会っても、SHOTAーーーーーーーー!!!と笑顔で近ずいてきました。

そう、彼らはアホなのです。いい意味で。

オープンすぎるのです、性に関して。

その学校にSHOTAは僕しかいなく、気がつけば学校中のブラジル人に知られる程にまでなりました。

一躍、有名人。

僕自身、衝撃的な天パで昔からいじられてきたので、いじられ慣れてはいたのですが、さすがにこの時はびっくりしました。

そして、彼らのおかげでどんどん英語を話せるようになりました。

もっと仲良くなりたい!とか、何を言ってるか聞き取りたい!と思う力が強いほど、自然と言語は身についていくものです。

人見知りじゃなかったのもよかったです。

人見知りじゃなければ、会話のチャンスはどんどん舞い込んできます。

そしてそのチャンスの数が多ければ多いほど会話する時間は増え、英語を話せるようになります。

留学中に会って英語がすぐに上手くなった日本人は、ほとんど人見知りじゃなかったです。

なので、人見知りしないそこのSHOTA君、今すぐ留学に行きましょう!

SHOTAじゃない人やコミュ力がない人はどうしたらいい?

名前をSHOTAにしてください。

留学中、あなたはSHOTAになるのです。

そして、ポルトガル語を話す外人(主にブラジル人かポルトガル人)の友達をいっぱい作ってください。

すると英語はどんどん上手くなり、いつしかSHOTAを神のように崇めるでしょう。

 

嘘です、ごめんなさい。

「友達作りたいけど、シャイやし、、何喋ったらええか分からへんわ。。」と、おっしゃる人たちに実践してほしいことがあります。

英語で自分のことを言えるようにしてください。

「I’m Shota. I was born in Kagawa prefecture which is countryside in Japan and I grew up in Osaka.

僕はしょうたです。日本の香川で生まれて大阪で育ちました。

I’m into playing video games like fighting game or RPG. I also like watching si-fi movies.

格闘ゲームやRPGにハマっていて、映画を見るのも好きです。」

 

あとは、基本的な質問や日本のことについても英語で答えれるようにしておいてください。

How long have you been here? How long will you stay? What do you do? What’s your favorite food? What do you like about Japan?

などの質問です。

初対面でこれらのことをスッと言えたら、あなたがどんな人か相手も分かってくれるし、友達になれるでしょう。

どこで友達ってできんの?

基礎的な英語ができるようになったら、あとは友達ができやすい環境に自分の身を置くだけ。

そのために次の3つのことを実践してください。

 

1、外人の友達がいっぱいいる日本人 or 英語ペラペラな日本人と積極的に友達になる。

留学に行くと、外人の友達が多い日本人がたまにいますよね。

そういう人と仲良くなってパーティなどがあれば誘ってもらったり、外人と遊ぶ時に参加させてもらってください。

同じ日本人が使う英語は聞きやすいので、自分の英語力向上にも役立ちます。

2、パーティやイベント、アクティビティなどに参加する

学校のイベントやアクティビティ、学生寮などでのパーティがありますよね。迷わず参加してください。

友達ができるかもしれないし、新しい何かが見つかるかもしれません。

僕の場合は、こういった場で一番友達ができました。

あとは、何気ない友達にご飯に誘われたりしたら躊躇なくYesと答えてください。

1:1のほうが、頑張って話そうと自分が努力するので、英語力はあがるからです。

3、自分の趣味やスポーツに積極的に参加する

SNSやmeetupというアプリで、共通の趣味を持ってる人たちのグループを探すことができます。

同じ趣味を持ってる人と英語で会話すると、知ってる単語が出てくるので理解しやすいし、会話が続きやすいです。

例えば、サッカーが好きやったら、選手の名前やポジションなどの単語がでてきたとき、相手が何を言おうとしてるか理解しやすいですよね。

ちなみに、趣味が合う友達は、一生モノの友達になることが多いです。

これは日本にいても同じですよね。

 

これらのことを実践して、友達ができるようないくつもの環境に自分の身を置くことが大事です。

もし、1つのコミュニティで友達ができなくても、色んなコミュニティに参加してみればどこかで友達はできるでしょう。

まとめ

どうですか、英語話したくなってきましたか?

留学したくなってきましたか?

海外に行ったら、英語が下手でもいいのでひたすら喋ってください。

ミスして恥ずかしいって思うのは自分だけです。

相手は、あなたがしたミスではなく、あなたが何を言いたいのか知りたいだけなのです。

言語を習得するのが難しいのは、ネイティブの人ですら分かっています。

なのでひたすらミスして、色んな言い方で試して、伝わるまでトライ&エラーを繰り返しましょう!

そうしてると、自分が使える英語の数も自然と増えてきます。

なんといっても、そこのSHOTA君!

留学行きましょう!

英語だけでなく、友達だけでなく、あんなことやこんなこともあるかも。。。笑