大阪から東京に行く時は、のってこ(notteco)を使ってライドシェアしよう!

こんばんは、天パ少年です。

皆さん、ライドシェアって知ってますか?

ライドシェアとは、基本的には相乗りサービスのことで、他人と一緒に車に乗ることで賃金が安くなるものです。

海外では、UberやLyftなどのライドシェアのサービスが有名です。

残念ながら日本では、UberやLyftなどのサービスはまだ広がっていません。

しかし、似たようなライドシェアのサービス、のってこ(notteco)というものがあるんです。

まだ知らない人は多いものの、使ってみたらかなり良かったのでご紹介します。

東京へ行く時の交通手段

僕は大阪に住んでいるのですが、東京に行く方法がいくつかあります。

1、新幹線

これは早いですねー。寝る暇もありゃせん。値段は高め。

2、飛行機

これも早いですねー。ただ関空まで行くの割と遠い。あ、でも伊丹から行ったらええか。値段はLCCなら安いです。

3、バス

これは時間がかかりますねー。ただ基本的に新幹線、飛行機より安いです。

4、車

時間かかるし運転大変。高速代とガソリン代がかかる。

5、自転車

人生で一回は、「チャリで日本一周!」みたいなんやってみたい。

でも、自転車に長時間乗り過ぎたら精子の数が減るので男性の皆さんは要注意。

いや、もうなんの話やねん。

 

まぁ、以上の5つが考えられますが、実は6つめがあります。

それこそが、のってこ(notteco)なのです!

僕はこの、nottecoを使った経験から、最も自分に合っている交通手段やなと感じました。

nottecoとは

nottecoは、「車を持ってる人」と「相乗りしたい人」のマッチングサービスです。

まず、車を持ってる人が出発地、目的地、金額、人数を設定して同乗者を募ります。

相乗りしたい人は、同じ目的地に行く運転手を探し、メッセージでやりとりして乗っていきます。

さっそく、nottecoを使う上でのメリット、デメリットをご紹介します。

メリット

・とにかく安い。

バスより安いことも多々あります。

人によっては、値段交渉してさらに安くしてもらえることもあります。

・面白い出会いがある

まだまだ知らない人の方が多い、nottecoのようなサービスを、わざわざ使う人は新しいことや画期的なサービスに敏感な人が多い印象です。

僕が初めて乗った時は、個人事業主の人、芸能関係の人、不動産関係の人などがいて、とても楽しかったです。

・目的地までの融通が効く

バスや飛行機だと目的地が決まっていますが、nottecoでは先に言っておくと自分の行きたい目的地のところまで連れて行ってくれる方が多いです。

デメリット

・寝にくい

他の交通手段だと、基本的に周りの人は知らない人なので心置きなく眠れますが、仲良くなったり会話が続くと気を使って寝にくくなってしまうこともあります。

なので、気を使う人にとっては少し寝にくいかもしれません。

僕は眠くなったら勝手にすぐ寝ましたが。。笑

・安全性が確保されていない

会社ではなく、あくまで個人の運転手なので相手がどんな人か、乗るまでわかりません。

UberやLyftだと、個人の車を使っていても会社には属しています。

GPS機能もついているので、万が一のことが起きてもすぐに異変に気付いてくれる可能性が高い。

nottecoはそうではないので、女性の方は少し危険に感じるかもしれません。

もちろん、女性の方でも1人で乗って良い経験をしたという話もよく聞くし、ヒッチハイクをしてる女性もよくいるので、考え方次第です。

のってこ(notteco)を使うべき人

それでは、こんな人はnottecoを使うべき!という人を紹介します。

友達とどっか行く人

夏フェスとか小旅行とか行く人は、みんなでのってこ!

人と話すのが好きな人

とにかく人と話したい人は、同乗者と盛り上がってノリにノってこ!

節約したい人

節約したい人は、どんどん値切ってこ!

普段出会わないような人たちと出会いたい人

いつも同じ人、同じ環境のルーティンで暮らしている人は、たまには変わったことをするのも良いですね。

新たな価値観に出会ってこ!

学生

なんか新しいことしたいけどバイトばっかりしてる学生や、就活中でお金もコネもない学生諸君。

nottecoを使って安くで乗って、色んな人に会って自分のことを話してみてください。

良い話をいっぱい聞けるかもしれないし、学生は特に気に入られやすいです。

学生の特権使ってこ!

暇やからどっか行ってみよかなーって考えてる人

行きたい場所とかも別にないけどなんかしたいっていう暇を持て余してる人は、すぐにnottecoのページに行くべきです。

安くて行きたい場所に小旅行気分で行けるかも。

運転手はその目的地のことに詳しい可能性が高いので色々聞けるはず。

のってこで旅行してこ!

まとめ

交通手段の1つとして、のってこ(notteco)は魅力的です。

しかし、まだまだ活用している人が少ないので、自分が行きたい日にちに運転手がいる可能性も少ないです。

もし、行きたい場所が決まっていて、何で行くか迷ってる時は一旦nottecoで探してみてください。

のってこ(notteco)

 

最近、ミニマリストが増えていて、所有するよりシェアするほうが楽と考える人も増えています。

僕もその1人です。

ライドシェア以外にも、色々なシェアが増えてきてはいるものの、日本は規制が多く、シェアなサービスを取り入れるのが少し遅れています。

日本ではテラスハウスなどの、TVで馴染みのあるシェアハウスが流行ってはいるのですが、Airbnb(エアビーエヌビー)のことを知らない人もまだまだ多いのではないでしょうか。

シェアリングエコノミーが流行ってきている今、あなたもシェア生活を始めて、モノに捉われることから抜け出してみませんか?

Let’s notteco!