くせ毛

【くせ毛との付き合い方ガイド】くせ毛は活かす?直す?

こんにちは!まーてんです!

くせ毛を毛穴から根本的に直すことは現代の技術では難しいですが、くせ毛と上手に付き合う方法はたくさんあります。
自分に合ったくせ毛との付き合い方を見つけていきましょう。

くせ毛に悩む人は髪型を考えるとき、主にこの3択を迫られると思います。

  • くせ毛が目立たないような髪型にする
  • くせ毛のうねりや広がりを活かした髪型にする
  • 縮毛矯正やヘアアイロンでくせ毛を伸ばして髪型を作る

ここが大きな分かれ道になりますね。
もちろんどれを選んでも正解です。

くせ毛をなるべく目立たなくしたい人、個性として活かしたい人、くせ毛を解消して自分を変えたい人、くせ毛に対する考え方は人それぞれです。

他人に自分の髪の価値を決める権利なんてありません。

また縮毛矯正に関していえば、急に直毛になって周りに驚かれたくなくて、進学や就職のタイミングで縮毛矯正をかける人もいます。

つまり、今の自分のライフスタイルや環境に合った髪型を選べば大丈夫です。

天パグ君
天パグ君

縮毛矯正はいつでもかけられるからね!

それぞれのメリット・デメリットを比較しながら、どの方向でくせ毛と付き合っていくか考えていきましょう!

くせ毛との付き合い方は?

くせ毛を目立たなくする髪型(ベリーショート)

出典:VIRGO / BEAUTRIUM GINZA

こんな人におすすめ

・とりあえずクセを目立たなくしたい!
・さっぱりとした印象の髪型にしたい!

メリット

・スタイリングや洗髪が楽で、頭皮も清潔に保ちやすい
・湿気などの影響を受けにくい
・清潔感、清涼感のある爽やかなスタイルにできる

デメリット

・短髪以外の選択肢がない
・カットの頻度が多いので割とコストがかかる

当たり前のことですが、くせ毛は髪の毛を短くすることでクセが目立たなくなります

スタイリング剤を用いることで、さらにクセを目立たなくすることもできます。

くせ毛の悩みの一つとして、湿気や汗
によってクセが強くなることがありますよね。

天パグ君
天パグ君

雨の日とかクセがすごいことになるよね...

短髪にすることで、このような髪質の変化を抑えられます。手間をかけずにこの悩みを解決できるのは大きなメリットです。

デメリットとしては短髪以外の髪型が選べないことです。髪が伸びたらクセが出てくるので、短髪を維持するための定期的カットも必要になります。

頭の形が良くないから短髪が似合わない!と思っている人は、気になる部分を長めに残したりすることで、バランスの良い綺麗な髪型に仕上げられます!

髪質に関係なく爽やかな印象を与えらえる短髪。薄毛も目立たなくするメリットの多い髪型です。ぜひ試してみてください!

天パグ君
天パグ君

クセも薄毛も目立たなくできるなんてすごい!

目次に戻る

くせ毛を活かす髪型(ショート〜ミディアム)

出典:Reuna / BEAUTRIUM南青山

こんな人におすすめ

・コストをかけずにおしゃれな髪型を楽しみたい!
・自分の個性を活かしたい!

メリット

・スタイリング次第ではとてもおしゃれな髪型にできる
・薬剤や熱で髪を伸ばすこともないため、髪や頭皮への負担が少ない
・スタイリングが簡単でアレンジもしやすい

デメリット

・湿気や汗によって髪質が変化しやすい
・基本的にショート系の髪型になる

やはりくせ毛という素質を活かせるのが一番のメリットですね。
スタイリングに慣れてしまえば、短時間でセットできるのも魅力です。

基本的にスタイリング剤を髪全体に揉み込むだけで、パーマ風のおしゃれな髪型に仕上げられます。

剛毛&くせ毛といった一見ヘアセットが難しく思える髪質でも、髪に合ったスタイリング剤を使うことで十分にクセを活かした髪型にすることができます。

クセが強すぎて活かすどころではない!」という人は、ヘアアイロンやブローである程度クセを伸ばしてからスタイリングすることをおすすめします。

ただ熱による髪へのダメージもあるので、毎日の使用はできるだけ避けましょう。

デメリットとしては、長さをある程度残す髪型なので、湿気や汗による髪質の変化が起こりやすいです。

朝のクセの具合でその日の天気が分かるというのは、よく聞く話ですよね。

ただくせ毛を活かす髪型ですから、クセの強い日も武器として利用してしまいましょう!

スタイリング次第では湿気のある日の方がおしゃれに仕上がることもあります。

天パグ君
天パグ君

くせ毛は個性だよ!クセを活かしておしゃれな髪型を楽しもう!

目次に戻る

くせ毛を真っ直ぐにする髪型(縮毛矯正)

出典:BEAUTRIUM南青山 / fifth

こんな人におすすめ

・自分のイメージを変えたい!
・ミディアム〜ロングヘアも楽しみたい!

メリット

・ストレートヘアでスタイリングを楽しめる
・髪を伸ばしてショート系以外の髪型も楽しめる
・縮毛矯正した部分は半永久的にクセが戻ることがなくなる

デメリット

・ストレートヘアを維持するのにコストや手間がかかる
・薬剤や熱の使用で髪や頭皮へダメージを与えやすい

どんなくせ毛でもさらさらのストレートヘアにできるのが縮毛矯正です。

天パ・くせ毛に悩む方にとってはまるで魔法ですね。僕も初めて縮毛矯正をかけたときは衝撃を受けました。

天パグ君
天パグ君

簡単にさらさらな髪になれるってすごいよね!

クセが強いと髪が伸びるというより、ゴワゴワと「増える」感覚ですよね。
短い周期でのカットも必要だったと思います。

それが髪を伸ばして短髪以外にも選択肢を増やせるのは大きなメリットです。

ヘアアイロンやブローである程度対策はできますが、高温の熱による髪へのダメージは日々蓄積していきます。
特にクセの強い髪質の人は思い切って縮毛矯正をかけたほうがダメージを軽減できます。

デメリットとしてはやはりストレートヘアを維持するためにコストがかかることです。

縮毛矯正の相場

・縮毛矯正(全体)¥10,000〜¥15,000
・縮毛矯正(前髪) ¥4,000〜¥8,000

定期的なカットに加え、3ヶ月〜半年ごとに縮毛矯正をかけ直すことを考えると、なかなかの出費になりますね。

お財布と相談しながらストレートヘアをキープしていきましょう!

ちなみに、前髪だけ縮毛矯正をかけて他の部分はクセを活かす髪型にすると、コストも抑えられておすすめです!

参考

《縮毛矯正とストレートパーマの違い》
縮毛矯正…薬剤を使用して髪質そのものを変化させる。施術した箇所は半永久的に真っ直ぐにできる。

ストレートパーマ…元から真っ直ぐな髪の人が主にパーマ落としに使う。くせ毛に対する効果は薄い。

 

目次に戻る

メニュー

-くせ毛

© 2020 天パ人生